脂肪吸引

ここでは、脂肪吸引でのダイエットについて詳しく紹介!施術の特徴や、メリット・デメリットなどについて解説していきます。興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

脂肪吸引でダイエット!

脂肪の吸引をする箇所に、数ミリ程度の小さな切れ目を入れます。そして「カニューレ」という細いストローのような器具を挿入し、吸引機で脂肪を吸い取ります。一般的には全身麻酔をしたうえで行なわれますが、範囲が小さい場合は局所麻酔+鎮痛剤の併用で行なわれるケースもあります。

術後に起こる腫れや内出血は、2週間程度。完全に腫れが引くまでには2~3ヶ月程度かかることが多いようです。また、腫れを少なくするための専用衣類(ガーメント)の着用は、1ヶ月以上が基本となります。

自分の気になる箇所の脂肪を取り出せること、脂肪を直接取り出すので短期間での効果が見込めることが脂肪吸引の一番のポイントです。ただ、医師の技術が大きく影響する方法なので、治療を受ける場合にはクリニック選びを慎重に行ないましょう。

脂肪吸引が可能な人

  • 吸引したい箇所に吸引できる量の皮下脂肪がある人。脂肪組織が少ない場合は手術できません。
  • 皮膚に弾力性がある人。弾力がない場合、皮膚がたるんでしまって外見を損なう可能性があります。
  • 貧血、糖尿病、高血圧等の疾患を持っていない人。脂肪吸引は身体への負担が大きいため、投薬歴・手術歴などを医師に伝えたうえで判断されます。

メリット&デメリットをチェック!

【メリット】

部分痩せが可能であり、リバウンドの恐れも少ないのがメリットです。また、他の手術と比較して、傷口も小さくて済みます。

【デメリット】

少しの切開ではありますが、術後は腫れや痛み、出血があるほか、小さな傷も残ります。小さくてもあくまで手術なので、多かれ少なかれリスクはあります。また、脂肪を取り過ぎると皮膚がたるんでしまうので注意が必要。さらに、身体の状態によっては手術ができない場合もあります。

肥満外来で痩せるダイエットクリニック5選