肥満遺伝子検査

ここでは、「肥満遺伝子検査」について分かりやすく解説していきます。

自分の体質に合うダイエットを見つける検査!

肥満遺伝子検査とは、遺伝子を調べることで、自分の体質に合うダイエット法を見つけられる検査です。

太る・痩せる要因というのは、体質や遺伝子の関係により個人個人で異なります。その人によって異なる肥満の要因を調べられるのが、肥満遺伝子検査です。日本人の97%が保有する3種類の肥満遺伝子を調べることにより、身体のどの部分に脂肪が付きやすいのかを知ることができます。自分の体質や肥満遺伝子が分かれば、最適なダイエット法も見つけられるというわけです。

以下に、肥満遺伝子を調べるメリットを一覧にしてみました!

  • 太る原因が分かりやすく判明する
  • 体のどの箇所に脂肪が付きやすいか把握できる
  • 肥満遺伝子と生活習慣病には関連があるため、生活習慣病を予防する心掛けにもつながる
  • 肥満遺伝子は生涯変わることがないため、中長期的な体重・健康管理に役立つ
  • 自分に最適なダイエット法が判明する

肥満遺伝子の種類をチェック!

参考までに、肥満遺伝子の種類を以下に挙げてみました。肥満遺伝子検査を受けることで、自分にどの肥満遺伝子があるのか分かります。

リンゴ型

「ベータ3アドレナリン受容体遺伝子(β3AR)」

日本人のうち約34%がこのタイプに該当。このタイプは1日の基礎代謝量が非保有者に比べて200キロカロリー程少ないと言われています。体型的にはお腹周りがポッコリ出ているのが特徴。糖分を分解するインスリンの分泌力が低い傾向にあるため、インスリン分泌を促進する糖分の摂取を控える必要があります。

※かかりやすい病気…糖尿病、脂肪肝、高脂血症など

バナナ型

「ベータ2アドレナリン受容体遺伝子(β2AR)」

日本人のうち約16%がこのタイプに該当。このタイプは1日の基礎代謝量が非保有者に比べて200キロカロリー程高いと言われています。体型的にはホッソリとしていて太りにくいのが特徴。筋肉がつきづらいうえに落ちやすく、太るのが難しい体質です。肥満遺伝子というより“逆肥満遺伝子”と呼ぶ方が適切でしょう。

※かかりやすい病気…うつ病、低血圧、心臓病など

洋ナシ型

「UCP1遺伝子」

日本人のうち約25%がこのタイプに該当。このタイプは1日の基礎代謝量が非保有者に比べて80~100キロカロリー程少ないと言われています。体型的には腰周りや太ももなど下半身に皮下脂肪が蓄積されやすく、食事療法による減量効果が表れにくい傾向もあります。食事においては脂肪の摂り過ぎに気を付ける必要があります。

※かかりやすい病気…子宮関連の病気、ガンなど

肥満外来で痩せるダイエットクリニック5選