短期間で行うリバウンドしないダイエット方法

サイト監修薬剤師

メディケアダイエット岡田先生

岡田 眞(まこと)先生

1942 年生まれ。東京都薬剤師会会員。メディケアダイエットの代表。 5000人ものダイエットサポートし、健康的な習慣を身に着けさせることに成功してきた。

短期ダイエットの方法とは

「次のデートまでにどうしても痩せたい」、「最近、太ってきたから久しぶりに集まる女子会にまでに何とかしたい」、「結婚式に参加するのだけど、服が入らなくなってしまった」。様々な理由で、短い間で痩せなければいけないというシチュエーションがあると思います。そこで今回は、短期間で健康的に痩せるための方法や上手なやり方を紹介していきます。

短期のダイエットに向いている方法

ダイエットには、直接的なダイエットと間接的なダイエットの2つの種類があります。直接的なダイエットとは、食事制限などによって摂取するカロリーを減らし、体重を減らす方法。一方、間接的なダイエットは、運動などで体の筋肉量を増やし、代謝を良くすることでカロリーを消費しやすい体を作る方法です。間接的な方法は、筋肉を増やすまでに時間がかかるため、短期間で体重を減らすには、直接的なダイエット、つまり食事制限によるものがメインとなります。

短期ダイエットで失敗しないために見直したいリバウンドの原因とは

先ほど紹介したように、短期間で体重を減らすには、食事制限が最も有効です。食事制限によるダイエットを行った場合、リバウンドをする原因と考えられるのは、回復期間を設けないことが挙げられます。

食事制限をした場合、体は栄養が足りない状態となります。そうなると体は、危機的な状態になっていると判断し、エネルギー消費を抑制しようとするのです。更に少量の摂取エネルギーを過剰に体に蓄積しようとします。食事制限によるダイエット終了後、急に元の食生活に戻してしまうと、体は過剰にエネルギーを蓄積しようとしている状態のままなので、結果、太ることになり、これがリバウンドの起きる仕組みです。

このようなことが起こらないようにするために必要なのが、回復期間です。ダイエットが終わってから一気に通常の食事に戻すのではなく、例えばお粥のような消化の良いものを食べます。すると体も飢餓状態ではなくなり、過剰にエネルギーをため込まなくてよいと判断し、元のエネルギー蓄積量に戻るのです。

また、食事制限によるダイエットをした後の太りやすい体を改善する方法として、筋トレがおすすめ。筋トレで筋肉の量を増やせば、基礎代謝の量を増やすことができます。

短期ダイエットの注意点

短期のダイエットでは、食事制限がメインとなります。本来ならば、きちんと3回、食事をするのがおすすめですが、どうしても食事を抜くのであれば、夜ご飯を抜くようにしましょう。

夜ご飯を食べた後、ほとんどの人はくつろいで寝るだけです。ほとんどカロリーを消費しないため、夜ご飯で摂取したエネルギーはそのまま脂肪になってしまうのです。ですので、早く寝るように心がけましょう。お腹が空くと眠れなくなってしまうので、そうなる前にさっさと寝てしまえばいいのです。早く寝れば、脂肪の燃焼をサポートするホルモンが分泌されやすくなるので一石二鳥。短期ダイエットにおいて、夜の過ごし方はかなり重要となるので、注意しましょう。

また、夜ご飯を抜いたからといって朝食を必要以上に食べてしまっては意味がありません。夜ご飯を抜くと、お腹が空いて朝、目が覚めてしまうということもあります。そうすると、つい食べ過ぎてしまいがちですが、適量の朝ごはんを食べるようにしましょう。

1週間の短期ダイエットする際の方法とは

では、短期間ダイエットにはどのようなダイエットがよいのか、おすすめの方法を具体的に紹介していきます。

・脂肪燃焼スープダイエット

これは、たくさんの野菜を具材として取り入れたスープを食事に置き換えることで体重を減らす方法。ゆっくりと時間をかけてダイエットをする場合は、食事の最初に脂肪燃焼スープを飲んで、その後、他の食事をすることもありますが、短期間で痩せるのであれば、完全に食事をこのスープに置き換えた方が良いでしょう。

脂肪燃焼スープを飲むことでヘルシーな食事でありながらも野菜からしっかりと栄養を取ることが可能。体重が増えすぎてしまったため、心臓の手術が受けられない患者のために医師が痩せるための食事メニューとして考案したものとしても知られています。温かいスープを飲むことで、体を温かくすることができ、脂肪を燃焼させるのにも効果的。特にたまねぎやセロリには血液をサラサラにしてくれる成分が含まれているのでおすすめです。

・糖質制限ダイエット

このダイエット方法は、これまでにダイエットに挑戦したことのある人なら、ほとんどが耳にしたことがある有名なダイエット方法ではないでしょうか。言葉の通り、体脂肪の元となる糖質を制限することで体重を減らす方法です。

やり方は、単純に糖質の量を減らすだけ。主には炭水化物です。どれくらいの期間で、どれだけ体重を減らしたいのかにもよりますが、あまり極端に糖質を制限してしまうと、体重は減りますが、その分、栄養失調などで体に大きな影響を与えてしまう可能性があります。どうしても痩せたい場合は、ダイエットの専門家や医師と相談しながら行った方が良いでしょう。

・ファスティング

ファスティングとは、数日間、食事をスムージーなどに置き換える方法。水やお茶だけなどで行う場合もあり、分かりやすく言うと断食に近いイメージです。この方法は、期間中に大幅にカロリーの摂取を抑えることができるので、体重を減らしやすいダイエットとされています。ただし、急にファスティングをはじめてしまうと体が驚いてしまって大きな負担となってしまうことも。そうならないために、徐々に食事の量を減らしながら、ファスティングをはじめるのがおすすめです。

ファスティングの期間は、長くても3日程度に抑え、ファスティング終了後も、ゆっくりと回復食などを食べながら、徐々に普段の食事に戻していきましょう。ファスティングを頑張ったからといって、すぐに元の食事に戻してしまうと、栄養が必要以上に吸収されて、せっかく苦労をしたのにリバウンドをしてしまうということにもなりかねません。

・8時間ダイエット

この方法は、1日の食事を8時間以内に済ませるダイエットのことです。例えば、朝9時に朝食をとった場合、晩御飯は17時までに食べてしまい、その後は、飲み物しか摂取しないという方法。食べ物を口にしない残りの16時間で胃や腸などを休ませることができるため、食べ物を消化しやすく、足りないカロリーは脂肪を燃焼させてエネルギーに変えるので、減量につながります。

仕事などで朝が早く、朝食を7時に食べる人は、15時が食事のリミットになってしまいます。この場合は、3時のおやつとしてカロリーメイトやナッツバーなど栄養のあるものをしっかり取るようにしましょう。実践してみて難しそうであれば、2日やったら1日は休みといった感じでやってみるのも良いでしょう。

短期ダイエットは
食事制限を行なうため
リバウンドのリスクが高い
ダイエットと言えます。 短期ダイエットのように食事制限をしてしま
うと、脳全体に食欲を調整するホルモンが行きわたらないからです。
このホルモンが、脳内に行きわたらないと、食欲がおさまらなくなる時が必ずきます。すると、ある時食べ過ぎてしまい、短期ダイエットを挫折することになるのです。ですから、食事制限するのではなく、食事管理していくことをおすすめします。

サイト監修者岡田眞先生

潜入取材!メディケアダイエットin東京